[宿泊記]天然温泉 ホテルパコ 函館@函館

宿泊施設

みなさん、こんにちは。

本日も「函館をたしなむ」へようこそ。

先日、お世話になったのはJR函館駅から徒歩15分ほどの所にある天然温泉 ホテルパコさん。予約をしようと思っていると満室になってしまっていたこともしばしば。函館駅からは少し離れた立地ではありますが、とても人気のホテルのようで、この日もファミリー等、沢山の方が宿泊していたようです。

それでは、いってみましょう!

天然温泉 ホテルパコ 函館

住所北海道函館市大森町25番3号
地図→ホテルパコ 函館 – Google マップ
電話番号0138-23-8585
チェックイン
チェックアウト
15時
11時
大浴場15:00~10:00(最終入場9:30)
朝食朝食:6:30~9:30(ラストオーダー9:00)
駐車場駐車場約150台完備[料金550円(税込)]
公式サイト函館でビジネスホテルのご宿泊予約は―天然温泉 ホテルパコ函館【公式ホームページ】 (rio-hotels.co.jp)
天然温泉 ホテルパコ 函館 情報
天然温泉 ホテルパコ

ホテルの外観です。左側に本館、右側の高い建物が別邸とのことで2つの建物から成り立っています。駐車場はホテル前と周辺の空き地に用意されているとのこと。場所についてはホテルのスタッフの方が丁寧に教えてくれます。

天然温泉 ホテルパコ 正面玄関

ホテルの正面玄関です。こちらのスペースが広いので車を停めて駐車場の場所をホテルスタッフの方に確認することも可能です。

天然温泉 ホテルパコ エントランス

ホテルのエントランスです。天井が高く開放感があります。良い感じに日差しがあり、花も飾っており宿泊料金はリーズナブルなんですが、キレイにされており高級感を感じますね。

天然温泉 ホテルパコ アメニティバイキング

アメニティバイキングと言われるものがありました。客室には歯ブラシ程度の最低限のアメニティのみのため、必要に応じてこちらから自分で選んで使用します。左側のボードにはホテル併設のレストランGRANFOREST(グランフォレスト)で販売しているお弁当のお知らせがありました。15:00~19:30に3種のお弁当(各1,000円)を日替わりで用意しているとのこと。宿泊した日はタイミング合わずお休みしていたようです。残念。

天然温泉 ホテルパコ 客室

チェックインを済ませ、部屋へと向かいます。この日は本館の1室に宿泊します。

天然温泉 ホテルパコ 客室の様子

しっかりしたトイレです。浴槽はなくシャワールームのみでしたが、天然温泉があるので問題なしです。

天然温泉 ホテルパコ 客室の様子

洗面台の様子です。客室入るとすぐ右側にありました。狭い空間を工夫したレイアウトとなっています。

天然温泉 ホテルパコ ナイトウェア

恒例のナイトウェアチェックです。上下セパレートタイプの部屋着でした。フリーサイズのようです。若草色もキライじゃない。合格です。

天然温泉 ホテルパコ ギャラリー

館内を散歩します。別邸1階にはギャラリーがあり、函館市内の風景を撮影した作品が多数飾られていました。これは楽しめましたので、ぜひ見てほしいです。

天然温泉 ホテルパコ ゲームコーナー

ギャラリーの奥には小さなゲームコーナーがありました。ファミリーも多かったので、少しでも遊べるところがあるのは良いですね。

天然温泉 ホテルパコ 大森の湯

ホテルパコさんの目玉の1つである天然温泉 はこだて 大森の湯です。靴を脱いで、鍵付きのシューズボックスに靴をしまい、温泉専属の受付の方に部屋のカードキーと一緒にシューズボックスの鍵を渡すと、脱衣所のロッカーの鍵がもらえるのでそれをもって、温泉へと向かいます。

天然温泉 ホテルパコ 温泉

1階には男湯が、地下1階には女湯があります。

天然温泉 ホテルパコ 地下1階

地下には女湯の他にカラオケルームとリラクゼーションルームがありました。温泉は水風呂やジャグジー、内風呂に露天風呂、垢すりルームやサウナ等、それぞれは大きくはないですが沢山の種類がありました。この日の温泉の温度は41~43度程度となっていました。ジャグジー、気持ち良かったな~。

天然温泉 ホテルパコ 板前料理 旬

さて、翌朝です。会場は別邸1階にある朝食会場の板前料理 旬です。入口には検温器やアルコール等が設置されていました。

天然温泉 ホテルパコ 朝食メニュー表

会場前には、この日の朝食メニュウー(←ちょっとツボ)の掲示がされていました。これ良いですね。朝早く温泉に行った時にこのボードを見たので「あれやこれを食べよう」と楽しみにしていました。

天然温泉 ホテルパコ 朝食

ビュッフェから、この日の気分でチョイスしたものたちです。肉料理より魚料理のほうが目立っていたかなと思います。朝食時間はチェックイン時に30分間隔で選ぶ等、混雑には配慮されていましたが会場はホテルのキャパと比較して小さめかなと感じました。他の時間より空くであろうという7時30分を選びましたが座るところには少し迷いました。スタッフの方のテキパキとした下膳のおかげで無事に席を確保です。

天然温泉 ホテルパコ 朝食

刺身はまぐろと鯖です。この2種のみでしたが、まぐろ美味しそうですよね。

天然温泉 ホテルパコ 朝食

天婦羅です。エビやナス等もありましたが人気のため品切れでした。しかし、ピーマンとトウモロコシの天婦羅をゲット。どちらもおいしく頂きました。何やら天丼も作ってくれるようでしたが気づくのが遅かったです。

天然温泉 ホテルパコ 朝食

焼き魚もありました。鮭とししゃも?です、あともう1種類あったと思います。

たらこ等のご飯のお供もありました。

天然温泉 ホテルパコ 朝食

こちらフレンチトーストです。ホテルの朝食バイキングでは珍しく、あまり見かけないメニューですよね。フレンチトースト横には、はちみつがあり、これの見せ方がまた良かったのです。写真でお見せしたかったのですが混んでいたので撮影は遠慮しました。

天然温泉 ホテルパコ 朝食

こちらはホテルパコさんこだわりのプリンです。このプリン、函館のお隣七飯町にあるついき農園の平飼い鶏の卵を使用しているようです。カラメルを使用せずシンプルなプリンを味わえます。1つとは言わず、2~3個いけちゃう美味しさでした。

天然温泉 ホテルパコ 朝食

最後にパンも少しいただきます。クロワッサンとアンクロワッサンです。パン好きとしては見かけると思わず選んでしまいます。この日ももれなく食べました。アンクロワッサンはホテルの朝食ビュッフェでは珍しいかな。混んでいたのでサクッと食べて会場を後にします。

大森浜から湯川方面の様子

ホテルからは大森浜という海岸が近いので、少し散歩しに行ってみました。写真は、大森浜から函館空港、湯の川方面を見たときの様子です。朝日の圧がすごい。

大森浜から函館山の様子

そして、こちらは大森浜から函館山方面の様子です。先ほどと同じ時に撮影したのですが空の雰囲気が全く違いました。朝の海も気持ち良いです。早朝でしたので釣人や、朝まで遊んだ?ような若者がチラホラといました。そんな函館の夏の海岸です。すっきりとした気分で、部屋でゆっくりとしチェックアウトしました。

天然温泉 ホテルパコ 函館さん、お世話になりました。

それでは🦑

今回もじゃらんで予約して宿泊しました。じゃらんでは、お得なクーポンを発行していることも多いので、気になる方はぜひチェックしてみてください☟☟

コメント

タイトルとURLをコピーしました